整備・メンテナンス

津軽オートサービスは「愛車に長く良い状態で乗りたいお客さま」におすすめ出来る整備・メンテナンスを用意しています。

エンジンオイル「ワコーズ プロステージS」

 

近年、自動車メーカーでは省燃費が至上命題であるため、エンジンのさらなる高効率化が図られています。それに比例してエンジンにかかる負担・負荷が増えており、本来エンジンを守るためのエンジンオイルが省燃費のためのエンジンオイルになってしまっています。
純正相当のエンジンオイルを定期的に交換するだけでは、エンジンを新車に近い状態に維持することは不可能だと肌で感じる事例が多くなっています。

 

 

 

特に、エンジンオイルが燃焼室に入り込み、ガソリンと一緒に燃焼することで発生するカーボン(ガソリンやオイルの不完全燃焼生成物)によるエンジンへの重大なダメージが、エコカーに搭載されているエンジンに多く発生していることに、当社は懸念を抱いています。

 

 

 

 

 

エンジンオイルが燃焼して起こる様々な悪影響に対するひとつの答えとして、カーボン(デポジット)の発生を抑えるエンジンオイル「ワコーズ プロステージS」をおすすめしています。

 

 

【詳しくはこちら】

 

ATF交換

オートマチックトランスミッションフルード(Automatic Transmission Fluid)はATの動力伝達・潤滑・シフトや変速制御の作動油・冷却・洗浄など多岐にわたる役割を担っています。

 

 

津軽オートサービスは高性能ATFチェンジャーを使用し、交換率の高い「圧送式交換」が可能です。

 

 

 

 

 

 

 

また、交換前にAT内異常摩耗・損傷を専用点検器具(ATFコンタミチェッカー)で点検し、その結果、異常摩耗が進んでいると判断した車両は交換を見送り、修理・代替など先を見越したアドバイスが可能です。

 

 

 

 

他にもトラブルを防止する様々な工夫をしており、質の高いATF交換を提供しております。

【詳しくはこちら】

 

エンジンリフレッシュ

近年、エンジンの吸気経路・燃焼室はカーボンやデポジットがますます発生しやすい環境にあります。

 

これらの汚れが堆積してくると、吸気効率の悪化・燃焼状態の悪化・圧縮の低下などが起こり、アイドリング不安定・エンジン振動・燃費悪化・ノッキングなどエンジン不調の原因となります。

「エンジンリフレッシュ」はエンジンを分解せずに吸気系・燃焼室の洗浄が可能です。

【詳しくはこちら】

 

エアコンリフレッシュ

メンテナンスが必要ないとされているカーエアコン。

 

本当は必要ないのではなく、出来ない(一般的に実施が難しい)事が多いだけなのです。
今まで、エアコンが故障したことがありますか? 多くの方は「ある」とお答えになると思います。

 

 

 

 

 

 

エアコンリフレッシュを実施することで、徐々に減少するエアコンガスを正確に規定量充填してエアコン性能をフルに発揮するとともに、エアコンシステムへの負担を軽減することで故障を予防します。

 

 

 

 

 

他にもエアコン用潤滑添加剤やフラッシングなどを合わせて実施することで、エアコンシステムも新車時に近い状態に維持することが可能です。

 

 

 

 

施工価格:7,000円(税抜)

おすすめ施工間隔:4年4万キロ以内ごと

 

 

ブログ紹介ページ
①エアコンリフレッシュ概要紹介

②エアコンリフレッシュのこだわり

 

エコリフレッシュキット

クルマの中で最もコンディションが気になる「エンジン」。
エコリフレッシュキットは「潤滑系・燃料系・冷却系」の3本の添加剤により手軽にエンジンのプチリフレッシュが出来るので、リフレッシュ整備の入門としておすすめです。

 

 

車検ごとに添加して愛車に長く乗っていただくと、その分だけエコリフレッシュキットの効果が発揮されます。
車検でご入庫いただいたお客さまには、エンジンの基本性能維持のためにおすすめ提案しています。
エコリフレッシュキットを基本として、上記のリフレッシュ整備を実施していただければ、愛車に長く、良い状態で、安心してお乗りいただけると思います。

2018年6月からエコリフレッシュキットの内容・価格を変更しました。
詳細はこちらからご確認下さい。

 

 

価格:4,500円(税抜)

おすすめ実施間隔:車検ごと(2年ごと)

 

 

エコリフレッシュキットは「wako’s グリーンプロジェクト」の取り組みのひとつです。

 

 

【おすすめ整備メニュー】

【距離別おすすめ整備メニュー】

^