エンジンリフレッシュ

近年、エンジンの吸気経路・燃焼室はカーボンやデポジットがますます発生しやすい環境にあります。
燃料由来のカーボン・デポジットやエンジンオイル由来のカーボン・デポジットはもちろん、EGR(排気ガス再循環装置)やオイル成分を含んだブローバイガス(燃焼室からエンジン内に吹き抜けた未燃焼ガス)が吸気経路に戻されることにより、場所場所により様々な性状のカーボン・デポジットが発生します。

 

これらの汚れが堆積すると、

・吸気系統に堆積した汚れによる吸気効率の悪化
・カーボン等に燃料付着による燃焼状態の悪化
・ピストンリングの固着による圧縮の低下
・アイドリング不安定、エンジン振動、燃費悪化、ノッキングなどエンジン不調

などの症状が出てきます。

 

吸気系・燃焼室のカーボン・デポジットを分解せず洗浄するのが「エンジンリフレッシュ」です。

【エンジンリフレッシュ 吸気系・燃焼室洗浄の特長】
・洗浄剤を特殊ノズルで霧化散布することで細部まで均等に浸透して高い洗浄効果を発揮
・ミスト状なのでオイルへの混入がなく、各気筒に安定して洗浄剤が届くので効果のバラツキが少ない
・スロットルバルブからインテークバルブ・燃焼室まで広範囲を洗浄
・洗浄効果による燃焼効率・排気ガスの改善や圧縮圧力の回復・安定、アイドリング安定

当社では、エンジンオイルを定期的に交換するのと同じくらい、吸気系・燃焼室洗浄はエンジンの性能を維持する上で必要なメンテナンスだと考えています。

エンジンリフレッシュのようなメンテナンスは、「本当に効果があるの?体感が出来るの?」とよく聞かれますが、当社では「効果が体感できるから実施するのではなく、エンジン性能を良い状態に維持するために実施をおすすめしています」と答えています。
その理由は、エンジンはECU(コンピュータ)で制御され不調が出にくいことが多く、お客さまが「おかしいな…」と感じる頃にはカーボンやデポジットが多く堆積・硬化し、エンジンに損傷や摩耗、機能低下など深刻なダメージが及んでいるからです。
そのような状態でエンジンリフレッシュで洗浄しても、カーボン等は除去できてもエンジン本来の性能までは回復できない可能性があります。

エンジン性能を良い状態に維持するために、定期的な施工をおすすめしています。

 

施工価格 7,000円(税抜)

施工目安 4年4万km以内ごと(直噴エンジンは2年2万km以内ごと推奨)

※WAKO’S RECSの施工も行っております。エンジンリフレッシュでの施工が難しい車両はRECSを提案させていただきます。

 

 

^