新発売!S-FV・S(エンジン性能向上剤)のご紹介

日頃より津軽オートサービスをご愛顧いただきありがとうございます。

ご好評いただいているワコーズのエンジン性能向上剤「S-FV(スーパーフォアビークル)」がリニューアルして、「S-FV・S(スーパーフォアビークル・シナジー)」として新発売しました!

WAKO’Sが誇るオーガニックFMと富士フイルムの超分子技術から生まれたFMとの相乗効果により、両FMが持つ性能をより高めて発揮できる、「Synergy FM テクノロジー」を確立しました。

Synergy FM テクノロジーは、WAKO’S独自のニューリキッドセラミックステクノロジーの効果を強化し、エンジンオイルの総合性能を飛躍的に向上させ、エンジン保護性能と省エネルギー性能をより強化する事ができます。
※ワコーズHPより説明文を抜粋

【特長】

  • エンジンオイルの総合性能の向上
  • 低温から高温まで幅広い温度域でエンジン内部を保護
  • 清浄分散性能を強化し、エンジン内部をクリーンに保つ
  • 酸化安定性を向上させ、オイルの劣化を防ぎ寿命を延長

価格は3,000円(税抜)となります。
注目は富士フイルムの超分子技術から生まれたFM(Friction Modifire)=摩擦調整剤です。
油温の上昇に伴い油膜が薄くなると、金属同士が接触して摩耗してしまいますが、FMにより金属接触が起きるような状態での摩擦を低減する役割があります。
エコカーに採用されている低粘度エンジンオイルは元々油膜が薄いため、このFMが必要不可欠となっていますが、スラッジ化しやすかったり、揮発による触媒劣化や加水分解されやすいなどのデメリットがあります。しかも、20年以上前から出始めている結構古い添加剤なんです。
しかし、S-FV・Sに配合されている富士フィルムのFMは、化粧品業界に挑んだアスタリフトと同じように、富士フイルムがその技術力で、ケミカル業界に挑むために開発されています。

このあたりの説明をするとながーくなってしまうので、後日投稿させていただきます!

ハイブリッドやアイドリングストップ車の方はもちろん、エンジンを摩耗から守って長く愛車に乗りたいお客さまにはおすすめです。
弊社でおすすめしているエンジンオイル「プロステージS」との相性も抜群です!

   【カテゴリー】お知らせ
^