インプレッサ 車検

いつもご覧いただきありがとうございます。

スバル インプレッサ GDB

DSC04368_R

車検整備でご入庫いただきました。

エンジン関係の点検・整備からご紹介
DSC04388_R

DSC04369_R
エアクリーナエレメントはやや汚れがたまっています。

今回はお客さまのご用命でインタークーラーホースを交換するので、インタークーラーを取り外しました
DSC04371_R
DSC04372_R
中はオイルが溜まっています
ターボチャージャも怪しいですが、ブローバイガスと一緒にくるオイルが溜まっています。
この赤いホースがなぜか高額なため、今回は交換見送りました。

DSC04373_R
DSC04375_R
ついでにスロットルボディも綺麗にしました。

DSC04384_R
ヘッドカバーからオイル漏れ
ここは1年半前くらいに交換したのですが、再度漏れてきてしまいました。
今回はリベンジ!ということで、完璧な作業を目指します。

以前のオイル交換のときから滲みがあったので、液状ガスケットの選定をずっとしてました。
有名なスリーボンドの液状ガスケットでも数十種類ありますし、他のメーカーも色々探しながら・・・
最終的にスリーボンドの1217Gにしました。
最近のメーカー採用率も高く、高伸張なハイグレード液状ガスケットで、スバルも指定しています。
ただ、小分けで長期保存できるチューブタイプがなく、容量の多いカートリッジタイプのみなので、保存方法も色々考えました。(1回で使えなくなったら完全に赤字です・・・)

で、いざ交換!
DSC04390_R
DSC04389_R
水平対抗なので、狭いですが、取り外しにそれほど時間はかかりません。
DSC04391_R
ヘッドカバーを外すとオイルが垂れてきます。
通常のエンジンの場合なら上にあるヘッドカバーが真横になる水平対抗エンジンでは、オイルが溜まりやすい構造になっています。

ここから残っている液状ガスケットを綺麗にとってエンジンに残っているオイルを除去して、取り付け面を脱脂します。

取り付け前にヘッドカバーに液状ガスケットを塗布するので、液状ガスケットが取り付け時に他の部分に付かないように取り付けのイメージトレーニングをしっかりして取り付け。

規定トルクでボルトを締め付けして、3日間エンジンをかけずに(取り寄せ部品の入荷に時間がかかったので)硬化させて完了。
DSC04398_R
DSC04397_R

DSC04412_R
エンジンオイルの交換 
プロステージS 10W-40使用
 
DSC04414_R
吸気系・燃焼室洗浄システム RECSの施工
DSC04417_R
あわせて燃料系洗浄添加剤を入れると効果的です。

足回りの整備
DSC04376_R
DSC04377_R
前後ブレーキパッドの残量が少なくなってきています。
DSC04381_R
DSC04383_R
DSC04382_R
ディスクローターも磨耗が進んでいます。

今回は前後ブレーキパッド交換とフロントディスクロータ交換、リヤディスクロータ研磨を実施しました。

整備完了後に完成検査を実施、コンピュータ診断も実施しました。
ご入庫ありがとうございました!

津軽オートサービスHP→http://tsugaru-auto.co.jp/ 

トルコン太郎による圧送式交換紹介→トルコン太郎(ATFチェンジャー)を導入しました 
取り扱いATFの紹介→ATFのご案内
新商品ATF・CVTF「ワコーズプレミアムスペック」→ATF・CVTF 新商品のご案内 

   【カテゴリー】車検
^