マークX 車検 ATF交換など

いつもご覧いただきありがとうございます。

トヨタ マークX GRX120 100,800km
DSC04534_R

車検整備でご入庫いただきました。
走行距離10万キロと区切りの車検です。

DSC04536_R
エンジンルームの点検

DSC04535_R
バッテリーはアーガス バッテリーアナライザーで点検します。
充電状態・劣化テスト・始動性能テスト・発電性能テストの4項目が点検可能です。
点検結果は良好でした。

DSC04537_R
エアクリーナエレメントはまだ使用可能な状態です。
スパークプラグは10万キロなので交換時期となります。
DSC04536_Rr
マークX(GRX120/4GRエンジン)のスパークプラグの上部は吸気系統のエアダクトやインテークサージタンクが覆いかぶさっているので、それらを外さないとアクセスできないため、少し面倒です。

DSC04557_R
DSC04558_R
右バンク側は簡単にアクセスできます。

DSC04559_R
NGKイリジウムMAXに交換です。

お次は左バンク。
DSC04561_R
DSC04570_R
インテークサージタンクを外すと、イグニッションコイル(高電圧を発生させる部品)が見えます。この奥にスパークプラグがあります。
スパークプラグ交換は問題なく終了・・・ですが、折角なので気になるところも点検。
DSC04569_R
インテークサージタンクから燃焼室へと続く空気の通路(インテークマニホールド)。
DSC04560_RR
エンジンオイルが内部にあるのと、黒っぽい汚れがあります。
さらに、この奥のインテークバルブ(燃焼室に空気を取り込む最後の扉)を見てみると・・・
DSC04567_R
DSC04568_R
バルブにカーボンが付着しています。
ガソリンの燃焼やブローバイガスと一緒に回ってくるエンジンオイルなどで、吸気系統・燃焼室にはカーボンが発生するのは必然です。
さらに、低燃費・環境性能を重視すると、カーボンなどによる影響は大きくなり、本来の性能を発揮できなくなります。(影響が大きくなっても、コンピュータが制御して通常通りにしようとするので、運転者は気づきにくいです。)

対策のひとつとして「エンジンリフレッシュ」などの吸気系・燃焼室洗浄が効果的です。
DSC04571_R
今回もエンジンリフレッシュを施工させて頂きました。
ただインテークバルブなどに固着しているカーボンは熱で硬化しているため、かなり手ごわく完全に綺麗には出来ません。
直噴エンジンということも考慮すると2万㌔ごとの施工をおすすめします。

DSC04556_R
エンジンオイル・オイルエレメントの交換。
オイル量が低下しており、エンジン内部のコンディションが心配な為、「ワコーズ プロステージS 0W-30」を入れさせて頂きました。

合わせてエコリフレッシュキットも添加して、エンジンをプチリフレッシュしました。

お次はATF交換。
この車は密閉式オイルクーラーが装着さ
れています。
オイルクーラー

交換率の高い圧送式交換が出来ない構造となっております。
ですが、マークXは当社でアタッチメントを自作して圧送式交換を可能としております。

コンタミチェック中。
DSC04544_R
ドレンプラグからATFを抜き取り、フィルターを通過させます。
DSC04545_R
フィルターに残るコンタミ(磨耗粉などの異物)を点検し、異常磨耗が発生していないか判断します。
新品に近い状態なら交換、フィルターが変色している場合は交換不可となります。

DSC04555_R
トルコン太郎(ATFチェンジャー)を接続。
DSC04546_R
交換前のATFの状態はこんな感じです。

DSC04547_R
DSC04548_R
DSC04549_R
DSC04550_R

DSC04551_R
DSC04552_R
交換後、30分間クリーニングモードを実施してから量の調整です。
が、油温を一旦下げないといけない為、一晩置かないといけません。
翌日、油温検出モードにして油温をスキャンツールでチェックしながら、きっちり油量調整。

足回り関係は良好です。
DSC04539_R
DSC04540_R
DSC04541_R
DSC04542_R

ブレーキフルードの交換
DSC04543_R

DSC04538_R

DSC04572_R
エアコンフィルターもほこり・ゴミがぎっちりでしたので、交換。

以上で整備完了です。
整備後、完成検査を実施し、完成となります。

ご入庫ありがとうございました。

津軽オートサービスHP→http://tsugaru-auto.co.jp/

トルコン太郎による圧送式交換紹介→トルコン太郎(ATFチェンジャー)を導入しました 
取り扱いATFの紹介→ATFのご案内
新商品ATF・CVTF「ワコーズプレミアムスペック」→ATF・CVTF 新商品のご案内

   【カテゴリー】ATF交換, 車検
^