サンバー オーバーヒート修理など

オーバーヒート修理でご入庫いただいたサンバー
DSC02521

水漏れは無く、原因を点検すると
DSC02528
エンジンのこんなところについている「サーモスタット」
サーモスタットは一定の水温以上になると弁が開いて、冷却水を冷やす「ラジエータ」への通路を開きます。
冷却水が熱くなりすぎないようにする装置ですね。
この部品が固着して開かなくなっていました。

ファイル 2016-03-16 21 57 08
点検方法はやかんで沸騰させて
ファイル 2016-03-16 21 57 31
開かなければNGです。
サーモスタットを交換して、冷却水を補充すれば完了なのですが
サンバーはエンジンが後ろにあります。
DSC02524
ラジエータは座席の下なので
DSC02526
車両の前から後ろまでながーい配管があるので、冷却通路にある空気が抜けにくいです。
このエア抜きという作業が不完全だとオーバーヒートの原因となってしまうので、しっかり行います。

ほかには
DSC02517
法定12ヶ月点検でご入庫いただいたサンバー
DSC02532
ボティコートも実施させていただき、本日納車させていただきました。

DSC02518
車検でご入庫いただいたデュトロ
こちらも本日納車いたしました。

DSC02531
中古車販売のミライース
車両が来たので、各部チェックしました。
18日納車予定となります。

DSC02533
フロントバンパー交換のハイゼット
お待ちいただいて交換を実施いたしました。

いつもご入庫ありがとうございます!

そして・・・
DSC02522
新しいおATFチェンジャーが来ました!
こちらは後日、記事にさせていただきます。

   【カテゴリー】一般修理, 車検
^