フリード 車検

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

ホンダ フリード GB5
H29 38,000km

古河市より車検整備でご入庫いただきました。

今回が初回車検です。

 

それでは点検していきましょう!

 

エンジンはL15B。

レイアウトは前回のフィット(L13B)とそっくりですが、こちらは直噴です。

 

バッテリーの点検。

アーガスのバッテリーアナライザーで4項目を診断。

結果は良好ですが、バッテリーの寿命テストが57%なので、3年相応の劣化は見られます。

 

冷却水量はLOW付近になっています。

漏れはないので自然減と思われます。

 

エアクリーナエレメントは汚れていて、走行距離的にも交換おすすめとなります。
(画像は交換作業時撮影のもの)

 

その他エンジン各部に異常はありませんでした。

 

リフトアップして足回り・下回りを点検していきます。

 

フロント足回りの点検。

ブレーキパッドの残量は4.5mm。
半分程度摩耗があり、要注意段階に入ってきています。

定期的にご入庫いただけるお客さまですので、残量を見ながら交換をしていきます。

 

 

リヤ足回りの点検。

異常はありませんが、ドラム内に摩耗紛が溜まっています。
やはり1年ごと(法定点検ごと)の清掃をしたいところですので、こちらとしてもキチンと点検の提案をしていきたいと思います。

 

タイヤはスリップサイン付近まで摩耗しています。

前側2本は両肩摩耗があり、要交換レベルです。
後側2本は溝は1.6mm以上ありましたが、お客さまから4本交換のお申し出がありましたので、今回は4本交換します。

 

下回りは異常ありませんでした。

 

点検が完了したら、整備内容をプランニングして見積書を作成します。

お客さまに確認して、整備内容を確定してから整備を進めていきます。

 

※整備時の写真撮り忘れが多いです※

まずは車検時推奨基本整備を実施します。

ブレーキ関係の清掃・調整・グリスアップをして、ブレーキフルードを交換。

 

CVTフルードの交換。

密閉式オイルクーラーのため、ドレン排出分交換で実施しました。

ホンダ車はオイルパンがなく、ドレンボルトにマグネットが付いている車が多いので、ドレンから抜き取ってマグネット部も清掃します。

使用油種は「ワコーズ CVTF プレミアムスペック」

排出分+αを補充して暖機します。

暖機後にエンジンを停止して、フィラープラグのネジ穴下面で油量調整を実施します。

「完全暖機・エンジン停止」とホンダは他社とは調整方法が違うので注意が必要です。

 

エアクリーナエレメントの交換。

 

 

クーラントブースターとフューエルワンの添加。

今回はエンジンオイル交換が無い為、単品添加となっています。

 

 

エンジンリフレッシュの施工。

吸気系・燃焼室周りを洗浄し、良好な燃焼状態を維持します。

 

 

タイヤはダンロップのエナセーブEC204で4本交換しました。

 

その他、エアコンフィルター交換やワイパーゴム交換など実施して整備は完了です。

 

コンピュータ診断や完成検査などを実施して、車検完了となります!

 

ご入庫ありがとうございました。

 

 

 

   【カテゴリー】ATF交換, エンジンリフレッシュ・RECS, 車検
^