パジェロミニ 車検 古河市

いつもご覧いただきありがとうございます。

 


三菱 パジェロミニ H58A
H12年 85,000km

結城郡八千代町から車検整備でご入庫いただきました。

【エンジンルーム点検】

エンジンは4A30です。

バッテリーをアーガス バッテリーアナライザーで点検。
CCA値が低下しており、寿命が近づいています。

 

オイルフィラーキャップ付近にオイルが滲んでいます。
今回は清掃して様子を見ます。

前回の車検で量が少なくなっていた冷却水は8割ほど。
引き続き定期的に点検していきます。

ただラジエータアッパーホース(エンジン側)に冷却水の滲みがあるので、こちらも注意しながらとなりそうです。
使用頻度が少ないので、今回は整備はしませんでした。

エアクリーナエレメントも汚れがやや溜まってきています。

パワーステアリングポンプからオイルの滲みがあります。
ここも前回の車検からの懸念事項ですが、今回も整備はせずに様子を見ます。

 

【足回り・下回りの点検】

フロントブレーキ関係は大きな異常はありません。

足回りでは、スタビライザーのコネクティングロッドのブーツが切れています。
ブーツ切れは要整備となります。

リヤブレーキ関係も大きな異常はありません。

タイヤはひび割れがかなり大きくなってきます。

 

フロントディファレンシャルに滲みがあります。
ある程度の年数が経過すると、走行しなくても劣化はありますね。
クルマの価値と整備にかかる費用は反比例します。そのバランスを決めるのはお客さま次第です。

【その他の点検】

リヤワイパーゴムが切れています。
当社では切れている場合は要整備としております。

シートベルト警告灯とDレンジ表示灯が点かなくなっていました。(画像が交換後しかなかった・・・)

メーターの裏側はこんな感じになってます。

バルブが切れていました。
Dレンジは表示時間が長いので切れやすいですね。

 

点検結果から見積を作成して、お客さまへご説明・ご相談して整備内容を決定していきます。

【整備】

ブレーキ装置の洗浄・グリス給油などを実施した後に、ブレーキフルードの交換。

ブレーキフルードは劣化すると水分を含みやすくなるので、ベーパーロックの危険性が高くなります。
2年ごとの定期交換をおすすめします。

スタビライザーリンクロッドの交換。

 

あとはバッテリーの交換やリヤワイパーゴムの交換、パワステフルードの補充を実施しました。

 

整備完了後に完成検査やコンピュータ診断を実施して車検整備完了です。

   【カテゴリー】車検
^