サンバー(ハイゼット) 車検

いつもご覧いただきありがとうございます。

スバル サンバー(ハイゼットOEM) S211J
H25 35,000km

境町より車検整備でご入庫いただきました。

【点検】


アーガス バッテリーアナライザーでバッテリーの点検。


結果は寿命テストの数値が13%と劣化が進んでいます。


エアクリーナエレメントの点検。
前回の車検時に交換させていただきましたが、土埃が結構溜まってきています。
距離的にはそれほど走行していませんが、今回はエアブローして次回車検時は交換が良いかと思われます!


スパークプラグの点検をすると、摩耗がかなり進んでいました。
軽自動車は常用回転数が高い為、スパークプラグの点火回数も増えて摩耗が早くなります。
加えてダイハツのKFエンジンは摩耗に対するエンジンの燃焼状態の変化が大きいため、早めの交換サイクルをおすすめします。


摩耗したスパークプラグはイグニッションコイルへの負荷も大きくなります!

その他エンジン各部を点検。(写真あまり撮ってませんでした・・・)
補機ベルトが次回車検あたりに交換おすすめです。

 


リフトアップして足回り・下回りの点検。


フロント足回りの点検。
ブレーキ装置は特に悪いところはありません。
ブレーキパッドの残量も6.9mmと良好。


ロアアームブーツはひび割れがやや見られます。
次回車検時に再点検、必要に応じてブーツ交換といったところですね。

 


リヤ足回りの点検。
ブレーキ装置は問題なし。ライニング残量は3.3mm。

 


下回りの点検。


特に悪いところはないのですが、急な坂道(畑に入るなど)で下回りをぶつけているようです。
ミッションのハウジングカバーが曲がっていたり、クラッチケーブル部のカバーがなくなっています。

ハイゼットではチャコールキャニスターという気化したガソリンを吸着する燃料蒸発ガス排出抑止装置の部品にクリーンヒットすることが多いので気をつけてください。

点検結果やお客さまのご用命などから整備内容を考え、見積りを作成。
お客さまに連絡・相談の上、整備内容を決定します。

基本的に整備内容を決定してから作業に取り掛かるため、この時点で作業が一旦ストップします。
日中の連絡が難しい場合は事前にある程度整備内容を決めさせていただいたり、メールなどで送信することも可能なので、そのあたりはご相談ください。

 

【整備】

まずは車検時推奨基本整備の実施。
ブレーキ装置は清掃・調整・グリスアップを実施して、ブレーキフルードを交換します。


エンジンオイル・オイルエレメントの交換。
使用油種は「プロステージS 0W-30(S-FV・S 3%添加)」でエコリフレッシュキットもご用命いただいたので、S-FV・Sを135ml追加投入。(3.2Lのエンジンオイルに対して3%=96mlなので合計231ml入れてます。)
抜取量は2.2Lで前回交換時は5000km前で2.7L入れたので、0.5Lの減少。少し減少傾向が見られるので、今後も要チェックです。


スパークプラグの交換。
純正はノーマルプラグですが、今回は「NGK イリジウムMAX」へ交換。
KFエンジンは燃焼状態にすごーく気を使うエンジンなので、最低でも長寿命イリジウムプラグをおすすめします。


その他の整備は、バッテリー交換、右テールレンズ交換、クラッチケーブルカバー取付、ワイパーゴム交換、エコリフレッシュキットの添加など。

整備が終わったら、完成検査・コンピュータ診断を実施して車検完了となります!

10年後を見越して、車検ごとにきちんと整備を実施することが長く愛車に乗れる秘訣です!

ご入庫ありがとうございました。

   【カテゴリー】WAKO'S プロステージS, エコリフレッシュキット, 車検
^