ノート 車検

いつもご覧いただきありがとうございます。

日産 ノート E11
H18 50,000km


古河市より車検整備でご入庫いただきました。

【点検】


エンジンルームの点検からご紹介します。

エンジンはHR15です。


バッテリーの点検。
アーガス バッテリーアナライザーで4項目診断を実施します。


寿命テスト結果が26%となっております。
バッテリー自体の性能(CCA値)が元々高いバッテリーですが、劣化は否めない状況です。

 


エンジンオイルの点検。
レベルゲージの20%ほどになってますね。
前回、当社で交換してから7,000km走行しているので、交換をご用命いただいております。


冷却水量は80%ほど。(わかるように写真撮るのが難しい・・・)


ブレーキフルードはMAX。
車検ごとの交換推奨です。


エアクリーナエレメントはやや汚れてるかな?程度です。

 


リフトアップして足回り・下回りの点検。


左前タイヤのエアバルブに傷を発見。(ローテーション後、左後に装着しました)
エア漏れはないので大丈夫ですが、注意が必要です。

 


フロント足回りの点検。
ブレーキパッドの残量が4.4mmと半分以上摩耗しています。
1万キロ走ったら交換といったところですね。

 


リヤ足回りの点検。
リヤブレーキライニングの残量は2.8mmと良好。


下回りの点検。


ベルトはひび割れが出始めています。


Fロアアームブーツにひび割れが見られます。
次の車検あたりで交換した方が良さそうです。

 


7,000km前に滲んでいたタイミングチェーンカバーとシリンダヘッドの継ぎ目。
清掃した後は良好ですので、引き続き経過を点検していきます。

 

点検が完了したら、整備プランを考えてお見積を作成。
お客さまとご相談しながら整備内容を決定していきます。

 

【整備】


フロントブレーキパッドの交換。
車検時推奨基本整備も実施して


ブレーキフルードの交換。

 


エンジンオイル&オイルエレメントの交換。


廃油量は2.1L。
前回のオイル交換では2.5L入れたので、7,000kmで0.4Lのオイル消費となります。
それほど大きな消費ではないので、今後も計測して経過を点検していきましょう。


使用オイルはワコーズ「プロステージS 0W-30(S-FV・S3%)」


エコリフレッシュキットもご用命いただいたので、S-FV・Sは96ml(3%)+135ml=約231ml入れました。

燃料系洗浄剤「フューエルワン」と冷却水性能復活剤「クーラントブースター」も添加しました。

 


補機ベルトの交換。
張力は「バンドー テンションマスター」で計測して、しっかり調整。

 

 

次はCVTフルードの交換。

まずはコンタミチェック(内部クラッチ摩耗点検)。


結果は良好。
交換作業に入ります。


ATFチェンジャーをオイルクーラーラインに接続して準備完了。


使用フルードは「アイシン CFB」


交換前のCVTフルードの状態はこんな感じ。

それでは圧送式交換開始。

 


交換・30分簡易クリーニング後のCVTフルードの状態です。
油量調整とスキャンツールでCVT劣化度を初期化して作業完了です。

 


バッテリー交換やワイパーゴム、発炎筒など交換して整備完了。

 

完成検査やコンピュータ診断を実施して車検完了となります。

ご入庫ありがとうございました。

   【カテゴリー】ATF交換, WAKO'S プロステージS, エコリフレッシュキット, 車検
^