タント スマートキー不良など

いつもご覧いただきありがとうございます。

ダイハツ タント L375S

DSC02885
 
 スマートキー不良ということで、ご連絡いただきました。
キーの電池を交換してもアンロックが出来ないとのことでしたが、ロックは出来ると少しおかしな症状でした。
ご自宅まで行き、スマートキーについている鍵で開錠し、イモビライザーを照合させマニュアル始動し、引き取り。
工場で不具合を確認したところ、ロックは可能、アンロック・オートスライド開閉がスイッチを押しても反応がない、いずれのボタンを押しても、キーのインジケーターは点灯している、オートロック(近付くと自動でアンロック、離れると自動でロックする機能)は作動しない、キーを車内に入れていてもイグニッションキーは回らない、といった症状でした。

まず、診断機をつないで故障コードの確認を行いましたが、異常なし。
この車両では、別の方法でダイアグノーシスチェックモードというのがあり、 アンテナ接続診断とアンテナ発信診断が出来ます。
 キー フリーECU~各アンテナ間のハーネスにおいて断線、短絡の検出時にダイアグノーシス コードを出力したり、車両に取り付けられた各アンテナを作動させて、電子カード キーと通信を行い、電子カード キーとの通信異常時にダイアグノーシス コードを出力できます。

この診断の結果、「 B2881(54)電子カードキーのコード異常」が出力されました。
スマートキーの故障はほぼ確定ですが、

DSC02863

オシロスコープでチューナーの波形を確認したり、色々紆余曲折してました。

翌日、新品のスマートキーが届き、ダイハツのディーラーさんに登録してもらい作業完了です!

この他に、法定12ヶ月点検などもご依頼いただき

DSC02864
 DSC02865
DSC02866
エンジンルーム内の点検

DSC02869
DSC02867
DSC02868
DSC02871
足回り・下回りの点検

DSC02872
 スタッドレスからノーマルタイヤへ付け替え

 DSC02874
エンジンオイルの交換

DSC02587
 ワコーズのプロステージS 0W-30を入れさせていただきました。

 CVTフルードの交換もご用命いただきました。

DSC02876
 専用の点検器具でコンタミチェック。
AT・CVT内の異常摩耗の有無を点検しています。

DSC02877
 点検の結果は良好なので、交換を実施します。

DSC02881
トルコン太郎を接続し、準備完了。
オイルラインに接続する事で交換率の高い「圧送式交換」が可能です。

DSC02878
交換前のCVTフルードの状態です。

DSC02879
 廃油を回収していきます。
DSC02882
 DSC02883
DSC02884
交換完了後、30分クリーニングモードを実施した状態です。
写真だとわかりにくいですが、赤い色味が戻っています。

ご入庫ありがとうございました。

トルコン太郎による圧送式交換紹介→トルコン太郎(ATFチェンジャー)を導入しました 
取り扱いATFの紹介→ATFのご案内
新商品ATF・CVTF「ワコーズプレミアムスペック」→ATF・CVTF 新商品のご案内

   【カテゴリー】ATF交換, 一般修理
^