ティーダ 車検 その2 古河市

いつもご覧いただきありがとうございます。

前回の続きとなります。

まずは、ATF(CVTF)交換から。
DSC04677_R
いつものようにコンタミチェック。
フィルターにATFを通すことでAT(CVT)内の異常磨耗・損傷具合を点検します。

DSC04678_R
点検結果は良好でした。

DSC04679_R
ATFチェンジャー(トルコン太郎)をセットして、交換率の高い圧送式交換をします。
使用オイルはアイシン CFExです。

DSC04680_R
交換前のCVTFの状態はこのような感じ。
元々は緑っぽい色をしているのですが、黒くなっています。

DSC04681_R
DSC04682_R
DSC04684_R
DSC04686_R
DSC04687_R
8リットル交換していきます。

DSC04689_R
交換後、30分アイドリングで簡易クリーニング。
綺麗になりましたね。
アイシン CFExは赤色となっております。(もちろんティーダのCVTも対応)
新車保証の期間内の場合は少し気にする場合もありますが、色は性能と関係ない着色なので問題ありません。

DSC04629_R
エンジンのフロントカバー(タイミングチェーンカバー)とシリンダヘッド-シリンダブロックの継ぎ目から少し滲みが見られます。どのメーカーでもこの部分はやはり漏れやすいですね。
当社では、このような所の点検結果を懸念事項として記録させていただいているので、今後の入庫の際に進行具合をチェックしております。
長いスパンで同じ箇所を見続けることで「どのくらいの期間でどの程度オイル滲み・漏れが進行しているのか」を把握できるようにして、適切な判断をしております。

次は足回り関係です。
DSC04641_R
DSC04642_R
フロントブレーキパッドの交換

DSC04639_R
DSC04640_R
リヤブレーキライニングの交換
各作動部分にはグリスアップをしており、ブレーキ関係で5種類くらい使ってます。
走行距離の多い方はブレーキ装置の磨耗には注意しましょう。

DSC04643_R
ブレーキフルードの交換も実施しました。
当社では整備に関しては車検に通らない所以外はお客さまに選択していただいておりますが、車検ごとのブレーキメンテナンスは重要です。

DSC04675_R
あとはリヤワイパーの交換で整備完了です。

コンピュータ診断や検査を実施して完了となります。
ご入庫ありがとうございました。

津軽オートサービスHP→http://tsugaru-auto.co.jp/

トルコン太郎による圧送式交換紹介→トルコン太郎(ATFチェンジャー)を導入しました
取り扱いATFの紹介→ATFのご案内
新商品ATF・CVTF「ワコーズプレミアムスペック」→ATF・CVTF 新商品のご案内

   【カテゴリー】ATF交換, 車検
^