パレット 車検

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

 

スズキ パレット MK21S

H22 65,000km

 

古河市より車検整備でご入庫いただきました。

 

当社は民間車検場(関東運輸局長指定自動車整備事業場)なので、『点検』『整備』を実施してから『車検(検査)』を実施しております。

愛車に長く乗っていただくために、『点検』『整備』を大切に、丁寧に実施しています!

 

【点検】

エンジンルームの点検。

エンジンはK6Aというスズキの一世代前の主力エンジンです。

 

バッテリーの点検。

アーガスバッテリーアナライザーで「充電状態」「劣化テスト」「始動能力テスト」「充電テスト」の4項目を診断します。

 

結果は良好。

半年前に交換させていただいたので、当然と言えば当然ですが、充電がうまく出来ていない・暗電流(キーOFF時の消費電流)が大きい等で

早期にバッテリーが弱くなることもあるので、しっかり点検はしましょう!

 

 

エアクリーナーエレメントの点検。

中程度の汚れ具合で、交換目安は2万㎞後くらいでしょうか。

 

 

スパークプラグの点検。

スパークプラグは4万㎞ぐらいでイリジウムMAX(長寿命タイプ)に交換しているので、まだまだ使用可能です。

 

K6Aの場合、純正でもイリジウムプラグを使用しているのですが、片貴金属タイプなので、一般プラグと同じ交換時期となっています。
交換時期、誤解していませんか?|NGKスパークプラグ製品サイト (ngk-sparkplugs.jp)

NGKなどでも周知活動しておりますが、整備士でも勘違いしている方がいるので、まだ10万㎞無交換の車両をたまに見かけます。

 

先日もスパークプラグの摩耗による加速不良の車両が入庫していました。

調子が悪くなったら交換すれば良いと思われがちですが、摩耗したスパークプラグを使用すると燃焼状態が悪化しますし、

高電圧を作っているイグニッションコイルに負担がかかり、早期に故障する原因となります。

結果的に経済的負担が多くなり、車の寿命も短くなるので、定期的な点検・交換をおすすめします。

 

 

油脂類の量は問題なしです。

 

 

ワイパーゴムの点検。

ゴム自体は新しく問題ないのですが、取付向きが逆でした。

ブレードの内側(移動距離が短い方)にゴムのロック部分がくるように取り付けるのが正しい向きです。

ワイパーゴムは簡単に交換できるので、セルフメンテナンスもおすすめしますが、逆に取り付けるとゴムがずれてブレードの金具部分がガラスと接触して傷が入る可能性もあるので、気をつけてください。

 

 

リフトアップして足回り・下回りを点検していきます!

 

フロントブレーキパッドの残量は4.4mmと摩耗が進んできているので、そろそろ交換おすすめ時期です。

 

 

リヤブレーキの点検。

ライニング残量は3.8mmと良好です。

 

タイヤは摩耗が限度値近くなので、交換のご用命を承っています。

 

 

下回りの点検。

タイロッドエンドブーツにひび割れが中程度ありましたが、それ以外は大きな異常はありませんでした。

 

 

点検が終わったら、整備内容をまとめて見積を作成。

見積をお客さまにご確認いただき、整備内容を決定します。

 

 

整備内容確定後、整備を進めていきます!

 

フロントブレーキパッド交換・車検時推奨基本整備を実施して、ブレーキフルード交換をします。

ブレーキメンテナンスは車検ごとの重要な整備です。

 

 

エンジンオイルの交換。

オイルはワコーズの「プロステージS 0W-30」。

S-FV・Sもいつも添加している3%分(90ml)+エコリフレッシュキット分(135ml)を添加しました。

(プロステージSがリニューアルしました。詳しくはこちら)

 

エコリフレッシュキットの冷却系(クーラントブースター)、燃料系(フューエルワン)も添加しました。

 

 

ご用命いただいていたタイヤも交換。

 

 

その他、エアコンフィルター等の交換を実施して整備は完了となります。

 

整備完了後、完成検査やコンピュータ診断などを実施して車検完了となります!

ご入庫ありがとうございました!

   【カテゴリー】WAKO'S プロステージS, エコリフレッシュキット, 車検
^