LS460 車検 古河市

いつもご覧いただきありがとうございます。

レクサス LS460 USF40
H18 110,000km

車検整備でご入庫いただきました。

それでは点検からご紹介します。


エンジンルームは全てカバーで覆われています。


カバーを外して、バッテリー診断。


結果は良好の範囲内でした。

 


エアクリーナエレメントはやや汚れがある程度です。

 


冷却水量がやや低下しているようです。

 


その他エンジン各部を点検。
10万キロ超えているのでスパークプラグは交換時期となってます。

 


リフトアップして足回り・下回りを点検していきます。


フロント足回りの点検。
ブレーキパッドの残量が少なく、パッドの残量センサーも断線しています。
パッドが少なくなるとセンサーが摩耗して内部の配線が断線することにより、メーターに警告が表示されます。
この車両も警告が表示されていました。
ディスクローターもかなり摩耗していて、研磨または交換が必要な状態です。


サスペンションのブッシュ類は劣化が結構みられます。
まだ抜けている感じはありませんが、注意が必要です。

 


リヤ足回りの点検。
こちらもブレーキパッドの残量が少なくなっています。
フロントよりも摩耗していますが、センサーが付いているパッド(内側)は残量がやや残っているので、センサーは再使用可能ですね。


異常はありませんが、足回りの劣化がやはり目立ちます。

点検結果から整備内容をリストアップしてお見積りを作成します。

 

【整備】

まずはエンジン関係の整備からご紹介。


スパークプラグの交換。
スパークプラグはエアクリーナケースやバッテリーなどを取り外しての交換になります。


まずは右バンクから。
イグニッションコイルを外して、プラグを交換。

最近紹介したLS460は右バンクが固着気味でしたが、このLSはそんなことはありませんでした。
イグニッションコイルも4本とも焼けてませんでした。


そのかわり、左バンクの#7シリンダのプラグが燃料かぶり気味でした。
やはり個体差、使用条件によって異なるようですね。

 


次にフロントブレーキのディスクローターとブレーキパッド、センサーの交換。
ディスクローターが1枚10,000円弱と思いのほか安いので、研磨ではなく交換になりました。
ブレーキキャリパーを外して


ディスクローターを交換します。

古いディスクローターは外周部分がせり上がっています。

せり上がっている部分だけセンサーが摩耗していました。


ブレーキパッドも交換して完了です。
リヤもブレーキパッドを交換しました。


スキャンツールを接続してブレーキ制御を禁止した状態にしてブレーキフルードを交換します。


エアコンフィルターも交換。

その他、ワイパーゴムや発炎筒などを交換して整備完了です。

あとは検査やコンピュータ診断を実施して車検完了となります!

ご入庫ありがとうございました!

   【カテゴリー】車検
^